男女

整体師になるには資格が必要|体を労わるお仕事

養成校は各地にあります

ウーマン

理学療法士とは身体に障害がある人達に対して、リハビリテーションを行う専門家です。また国家資格であるため、国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格は、養成学校で学んで卒業する必要があります。全国各地に理学療法士の養成学校はあり、資料請求することができます。

もっと読む

手技により骨折などを治療

男女

柔道整復師とは骨折や脱臼などを手技や電気療法を用いて治療する専門家です。国家資格のため、大学か専門学校で受験資格を取得し国家試験に合格する必要があります。資格を取得すれば接骨院やスポーツジム、病院、福祉施設など様々な就職先があります。

もっと読む

整体師とは

足

仕事内容と資格

整体師の仕事は、骨格や筋肉のゆがみを治すことで、肩こりや腰痛などの体の不調の改善に導くというものです。整体施術の内容はいろいろな種類がありますが、症状の改善に導く民間療法の一種です。主に整体院、接骨院が職場となります。整体師に国家資格は存在しません。法的に定められた資格制度がないため、整体師になるには資格が必要であるというわけではありません。ただ、何も知識のない人が整体師と名乗っても、施術を依頼する人は訪れません。民間が認定する認定資格が存在するので、整体師になるには、民間の整体学校、またはスクールなどによって整体の技術を習得し、民間の資格を取ることがおすすめです。整体に関する知識や技術が学べるだけでなく、就職先の斡旋がある場合もあります。

働きながら習得も可能

整体師になるには、どれぐらいの期間で知識や技術が習得できるのでしょう。民間のセミナーや講習会では3日間程度のとても短期間なものから、2年ほどかけて習得するものまでさまざまあります。学校や選択するコースにもよりますが、1年間で100万程度が相場で、しっかりと知識、技術を習得するなら、大学に1年通うのと同じぐらいの費用がかかるといえます。また、整体師になるには資格を必要としないため、整体院で働きながら技術を身に付けるという方法もあります。学費をかけずに働いて稼ぎながら、整体の知識や技術を習得できる方法です。整体師の仕事は施術だけでなく、患者とのカウンセリングやアフターフォローが必要です。整体院で働きながら学習することで、知識だけでは得られない接客の技術を学ぶことができます。

女性の取得が増えている

女性

柔道整復師は柔術(柔道)が起源となる医療行為が元となっているため、柔道家でなくても取得できる資格です。女性が取得しようと学校に通う人も増えており、女性の怪我などでもニーズがあるため就職にも有利になります。

もっと読む

Copyright © 2016 整体師になるには資格が必要|体を労わるお仕事 All Rights Reserved.